退居する時の注意点|敷金内で行なう原状回復工事

男性

賃貸の原状回復

男性

貸す前に原状にする義務

原状復帰は原状回復と呼ばれることもありますが、賃貸物件の状態を修繕したり解体したりして元々の状態に戻す工事のことをいいます。原状復帰に関する義務は基本的にオーナー(大家さん又は貸主)にあり、義務のことは民法606条1項に記載されています。そのため、今の時点で借りている人が退去した場合に原状とは違う状態が生じていた時には、原則としてオーナー側が原状復帰にかかる費用を負担します。オーナーが原状復帰に使う費用は、家賃の一部であることが多いです。家賃はオーナーの収益にもなりますが、賃貸物件を維持するためにも使われるため多くのオーナーはちゃんと管理しています。原状復帰の費用は原則オーナー負担ですが、借りている側が故意的又は過失として損傷などを起こしている場合には借りている人に費用負担の義務が発生します。

専門の会社に相談しよう

最近は原状復帰と敷金に関するトラブルが増加傾向にあるようで、原状復帰にあてる費用分と敷金をどのくらい相殺するかなどの悩みを抱えているオーナーが多いといわれています。そこで注目されているのが原状復帰及び原状回復を専門的に行っている会社で、原状復帰に関して借りている側とトラブルにならないように相談を受け付けています。また、トラブルを防ぐための知識をサイトに記載しているところもあります。賃貸物件に生じている損傷や損耗などの元々とは違う状態に対する意見は、オーナー側と借りている側では対立することも少なくないようです。オーナー側としては穏便に修繕や解体を行いたいはずなので、知識を身に付けて冷静に対応できるようにしておくと良いです。