退居する時の注意点|敷金内で行なう原状回復工事

男性

賃貸明け渡しの注意点とは

部屋

トラブルになりやすい

賃貸で部屋を借りていると定期的に契約更新の時期がきます。契約更新をしないときは解約となり部屋を明け渡すことになります。この時にトラブルになりやすいのが現状復帰にかかる費用です。使用していた給湯器を壊してしまった、カーペットにシミをつくったなどの時は借りていた人が修繕費用や取り換え費用を負担することなっています。しかし、数年前に借りた当時の部屋に戻すという意味ではありません。使っているうちに擦り切れてきた畳やカーペット、クロスの汚れや傷みは負担の範囲外となっています。ただし、ヘビースモーカーだったためにクロスが変色し臭いが残っているようなときはクロスの張り替えや消臭費用が請求されます。以前は、借主と大家の負担の範囲があいまいだったため、高額の費用を請求されるといったトラブルが多かったことから国土交通省ではガイドラインを定めています。部屋を借りる時はガイドラインを頭に入れておくとトラブルを予防することにも繋がります。

入居時に渡されるリスト

現状復帰のための費用として請求されるのは、管理不足による汚れや破壊行為による修繕費用です。例えば、室内のガラスにぶつかって壊してしまったとか結露を放置していたらクロスや畳にカビが発生したなどの場合は現状復帰費用を請求されることがあります。あとで最初から壊れていたと言っても請求されてしまいますので、きちんと報告しておくようにします。近年では入居時に部屋の設備についてのチェックリストが不動産会社から渡されます。網戸の破損に始まりガス、電気設備に不備がないか細かくチェックすることができるようになっています。これをすることで身に覚えがない現状復帰費用を請求されるリスクを減らすことができます。現状復帰でトラブルに巻き込まれないようにしたいものです。